> 海遊びルール

海遊びのルール

沖縄の海を最高に楽しく満喫する為のポイント

遊泳禁止.jpg

​案外NGなところもあるから

事前に要確認

各海水浴場や地域によっては、シュノーケリングやSUPが禁止のところもありますので

目的地を決めて移動する前に​OKかどうかを確認しておきましょう。

P7050524.JPG

準備体操とストレッチは

​かかせない!

シュノーケリングではフィンを使うので思った以上に脚力を使います。

そのため足がつりやすいので、入念にストレッチをしてから楽しみましょう。

P9070439.JPG

意識しないと案外

​休憩するの忘れちゃいます

暖かい気候の沖縄だって、案外水の中に入ればひゃっとする時も多いです。

気が付かないうちに体温が低下することがあるので、適度なタイミングで水分補給や

​休憩をこまめに入れるようにしましょう。

P9070439.JPG

まずは浅瀬で海遊び

海に入ったらまず、慣れるまでは浅瀬でしっかりと練習しましょう。

シュノーケルの装備をつけている場合、最初は浅瀬でうつ伏せになりながら

手足を広げて浮いてみることから始めて、徐々にシュノーケルで息を吸う練習をし、

慣れてきたら​本格的にシュノーケリングを楽しみましょう。

必ず準備体操をしてから海に入りましょう

​シュノーケルやSUPなどが利用可能か事前に確認しておきましょう

休憩は多めに取りましょう

最初は浅いところで遊びましょう

PA013462.JPG

お子さんから目を離しては

​絶対にダメ!

プールなどでは水を怖がらないお子さんも、海の壮大なスケール感や波音の大きさ

などに圧倒されて怖がってしまい、思うように泳げなくなるケースも多いです。

必ずお父さんお母さんがすぐそばについていてあげて、優しく見守ってあげましょう。

​お子さんから絶対に目を離さないようにしましょう

P8251422.JPG

何はさておき

お子さんを最優先で!

ついつい親の気持ちになったら、あんなこともやらせてあげたい、あそこにも連れて

行ってあげたいという感じでなるべくたくさん楽しませてあげたいと思ってしまうもの

です。でも、子どもって意外と飽きやすいし疲れやすいから、そこを無視して親の都合で振り回したらせかっくの楽しさも半減しますし、なによりも事故へと繋がるリスクが

伴ってきます。なので、お子さんがやりたいと思うことを優先してやってあげるように

​しましょう。

お子さんのペースを最優先して遊びましょう

IMG_0203.JPG

慌てないことが大事

慌てずに落ち着くことが最優先です。

まずフィンの先端を持ち、身体に引き寄せてつった箇所をもんでみたり、

伸ばしたりしましょう。

それでも違和感が残る場合は、そのまま泳ぐ事はせずに直ちに海からあがりましょう。

足がつったときは…

このような時は絶対に海で遊ばないように

しましょう

体調が良くない場合

(風邪薬などを服用している場合など)

お酒を飲んでいる、

二日酔いが残っている場合

潮の流れが速い場所や波が高い場合

サンゴ礁や海藻がたくさんある場所

や危険生物が多くいる場所

仲間がいなくなり一人になった場合

​(何かあった時に助けてくれる仲間が必ず必要です)

子ども(中学生以下)だけで遊ぶ行為

シュノーケリングやSUPが

禁止されている区域の場合

浮力体を何も装着しないで遊ぶ行為

ケラマ1.JPG

海遊び情報

沖縄の綺麗な海を堪能できる
​おすすめのビーチスポットのご紹介
沖縄の天候・風向き・波の高さ
などをリアルタイムでお届け